HOME>注目記事>クリニックでは医療行為として脱毛を行なうため安全です

脱毛のメカニズムを解明する

カウンセリング

医療脱毛は脱毛サロンに比べて費用が高く、脱毛の効果も優れていると評判です。それは、脱毛のメカニズムに秘密があります。体毛の毛根の部分に当たる毛乳頭には毛母細胞があります。毛母細胞にはメラニンが含まれていて、レーザーがそのメラニンに反応して毛母細胞を破壊します。毛母細胞が破壊されることで体毛が自然と抜け落ちるので、脱毛の効果を得ることができます。医療機関で用いられているレーザー脱毛機器は、脱毛サロンのそれに比べると出力が高いため、費用が高いと同時に脱毛効果も高いです。よって、少ない回数で脱毛効果を目に見えて実感することができるのが特徴であるのです。

医療行為としての脱毛

女性のイラスト

医療脱毛クリニックでは、医療行為として脱毛の施術が実施されています。そのため、脱毛サロンでは認可されないような高出力のレーザー脱毛機器の仕様が認められていて費用は高いです。その大きな理由は、医療行為を行える医療機関であることが特徴です。脱毛サロンは美容サービスを提供する場であるため、医療行為を行なうことができません。他方、医療脱毛クリニックには医師が常駐していて、万が一トラブルが起きた場合でも治療を行える安心感があります。

ショット式と蓄熱式のレーザー脱毛の違い

施術

広く用いられている医療脱毛のレーザー脱毛機器には、ショット式と蓄熱式があります。ショット式は古典的なレーザー脱毛機器の構造をしています。単発かつ高出力の照射レーザーを当てて毛根に含まれる発毛組織を破壊して脱毛を行うため、痛みを感じやすいです。他方、蓄熱式レーザー脱毛機器は、出力の低いレーザーを連続照射することで加熱して脱毛を行います。蓄熱式は出力が弱く、皮膚の浅い部分のバルジ領域に届けば脱毛効果を発揮できるため、費用を安く押さえられます。